跡が気になる場合に役立つトレチノインは、皮膚に影響を与え、シミの悩みを根本から改善する医薬品です。
皮膚は層になっていますが、肌の古い部分が新しく生まれ変わるには時間が必要で、細胞の分裂や成長が関わります。
トレチノインは、皮膚の奥深い部分にある色素の排出を促し、細胞の活性化を促進させ、新しい肌の生まれ変わりを実現します。
色素と古い細胞を押し上げ、新しく入れ替わる期間は最大でも4週間ですから、約1か月あれば改善効果が見極められます。
また、トレチノインと漂白の治療を行えば、新しい色素の発生を阻止したり、輝きを取り戻す改善作用が行われます。
強い作用があるので、医師の判断が重要ですし、間違った使い方は逆効果に繋がります。
しかし、ニキビの悩みさえ解消出来ますから、傷やシミの悩みと共に、良く使われる症状の一つです。
吸収性の高い塗り薬が、トレチノインを使った主な治療の行い方で、気になる部分の塗り込みにより、浸透を行わせ作用を促進します。
正しく効果が発揮されれば、古い細胞は垢になって排出されますし、肌が新しくなった証拠ですから、入れ替わりが進んでいると判断可能です。
しかし、強力なトレチノインには副作用が強く、炎症とアレルギー反応に懸念があります。
赤みや炎症の発生は、個人の肌の状態が関わるので、必ずしも強く出るとは限りませんが、人によって耐えられない状況になる可能性はありますから、医師と共に治療を始める必要があります。
医師が状況の把握をする事で、適切な治療と継続が行えますし、問題が起きても正しい対応が速やかに判断されます。
相乗効果のある医薬品や、補助作用の薬を処方出来ますから、美容本来の目的に対しても、心強く頼れる存在です。
再発を防ぐ意味では原因を突き止め、問題の発生を予防する事が大切です。
不十分なケアが問題なら、正しいスキンケアの方法を学び、毎日の中で活かす事が必要です。
思春期の成長段階では、ニキビの悩みは一般的ですし、症状の改善方法は確立されています。
ただ、良いケアを行ったとしても、悪化する場合はありますから、その時に対処出来る薬の存在は大切で、知っておく事が必要な時に役立ちます。
成長を促し傷を消し去りますが、本来の働きを早め、生まれ変わりを強制的に行うのが薬の効果です。
全てのタイプのシミに効果は保証されませんが、ニキビの跡なら改善する可能性が高く、他の治療方法と比べても期待が十分に持てます。
■ニキビの治療に効果的な成分
アゼライン酸
■約80カ国で30年も前からニキビ治療薬として使われているクリーム
スキノレンクリーム